ブログ

なで肩といかり肩

2021/08/15

       



 これをお読みのあなたなら、
 
 肩こりの予防や改善には正しい姿勢と適度な運動とストレッチが有効なことは
 ご存知でしょう。


 ただ、肩こりに関して言えば、もう1つ意識すべきポイントがあります。

 それが、
なで肩か「いかり肩」か。

 「なで肩」か「いかり肩」かは生まれつきの骨格もありますが、
 多くは日常の身体の使い方や姿勢により決まっていきます。


 そして肩のラインの違いによって、肩こり解消のためにやるべきことが違う!
 というのが要注意ポイント。


 ここを間違えないようにしてください。

 いかり肩は、腕や肩を持ち上げる働きをする僧帽筋の上部繊維と、
 肩甲骨を上に引き上げる働きをする肩甲挙筋が縮まって硬直しています。
  一方のなで肩は、肩甲挙筋は縮まっていますが僧帽筋上部繊維の筋力が
 低下して伸びてしまい、腕の重さに負けて肩が下がった状態なんですね。


 よく「なで肩の人は肩がこらない」と言われますが、凝り方のタイプが違うだけで 
 実はどちらのタイプも肩がこっています。


 ただ、いかり肩タイプは筋肉が縮まって硬直しているため凝りを感じやすいのと、
 僧帽筋をマッサージした時に即効性があり気持ちよさを感じやすいのです。

 一方のなで肩は、逆に僧帽筋が伸びてしまっているので無理にマッサージすると
 状態が悪化するだけでなく、気持ちよさを感じにくいため「肩が凝っていない」と
 誤解するのでしょう。

 

 適したストレッチとしては、いかり肩の人は頭を横に倒し耳を肩に近づけながら顎を少し
 上げて、僧帽筋上部を伸ばします。

 なで肩の人は、肘を90度の角度に曲げて腕を開き、
 肘と肩の角度を変えないように肩甲骨ごと腕を上げて3秒キープを20回。

 これで伸びてしまっている僧帽筋上部繊維を鍛えるのがオススメです。





大阪・梅田 兵庫・川西市で
人気の小顔・整体・ビュースタイルでは美と健康のために

お一人お一人に寄り添ってサポートさせていただきます!




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 より美しく!もっと健康に! 貴女の美容と健康を全力でサポートします。

 ◆予約、 質問などお気軽にお尋ねください

 痛くない小顔・骨盤矯正専門院
 
 ビュースタイル梅田  TEL: 06-6940-6153
 ビュー スタイル川西  TEL:0120-761-550


#ビュースタイル梅田  #ビュースタイル川西 #小顔矯正専門 #骨盤矯正専門 #顔の歪み #歪み大阪 #美肌梅田 #歪み梅田 #小顔梅田 #ヘッドスパ #梅田猫背 #むくみ改善 #マスク跡 #整体梅田 #骨盤梅田 #姿勢改善 #首コリ #肩コリ梅田 #アラフォー #アラサー

 



ページのトップへ戻る
×

メニュー

大阪 梅田・川西ビュースタイルのロゴ

梅田店

06-6940-6153

【営業時間】10:00~21:00
【定休日】不定休

川西店

0120-761-550

【営業時間】10:00~20:00
【定休日】火曜日

オンラインお問合せ・ご予約